光ブロードバンドの契約方法とは?

光ブロードバンドの契約方法というのは、まずは回線を敷設するための申し込みをしなければいけません。
そして、インターネットに接続するためのプロバイダーにも連絡をする必要があります。
まず、光ブロードバンドを利用するための回線について申し込むには、NTT東日本などの業者に依頼することになります。
ホームページからも申し込めるので、そこで利用開始希望日などを申告するようにしましょう。
新規の契約には、運転免許証や保険証など、本人確認ができる書類が必要になります。
法人で行う場合には、登記簿謄本や資格証明書、現在事項全部証明書、地縁団体台帳などが必要になるので準備をしておかなければいけません。
その後、敷設工事を行うことになります。