お金を借りることをキャッシングと呼びます!

大昔の話だと笑われてしまうかもしれませんが、かつては「お金を借りる」と言えば、何かお金になりそうなモノを持って質屋の門をくぐり、買い叩かれて少額のお金を手にするか、親戚や知人などに頼み込んで貸してもらうしか方法はありませんでした。
しかし昨今では、消費者金融という会社の台頭により、人々は昔に比べてはるかにお金を借りやすい状況に置かれています。
消費者金融では即日融資は当たり前で、インターネットから誰でも簡単にお金を借りることが出来るようになりました。
(もちろん審査はありますが、銀行などに比べればとても基準の甘いものです。
)これを今では主に「キャッシング」と呼び、昔のように人目を忍んで、或いは他人に頭を下げて行う行為ではなくなっています。
とてもお手軽に後ろめたさもなくお金を借りられるこの仕組みは、急にお金が必要になった時などには大変便利なものです。

しかし、簡単に借りられるからこそ「借金をしている」という意識が希薄になっており、気がつけば自分の収入では返済が不可能なほどのお金を借りてしまう例も数多くあります。
そうならないためには、しっかりと自制心を持ってキャッシングを利用することが大切です。